大規模葬儀の注意点

この間、葬儀に参列したのですが、それがいわゆる大規模葬と呼ばれるものでした。
大規模葬と言うのは数百人単位で行われる大きな葬儀で、今回は200人ほどの参列者がいました。
率直な感想としては参列者、スタッフの人数が多くて祭壇がやたらと大きいといった感じでした。
他は一般葬とあまり変わりなかったと思います。
ただこの大規模葬には色々と注意しなければいけない点があるようです。
葬儀屋の友達と大規模葬の話になった時に幾つか聞けたので書いていきます。
まず一つ目は香典泥棒だそうです。集まる人数が人数なだけに、大規模葬の香典の総額もかなりの金額になります。
大金がある以上、良からぬ輩が来ないとも限りませんので充分に注意する必要があるそうです。
次に、注意が必要なのが連絡漏れだそうです。
たくさんの方々が参列する以上、多くの方々に連絡を取らなければいけないので、連絡の漏れが起きやすくなるそうです。
ここで連絡漏れを起こしてしまうと参列者の正確な人数がわからなくなってしまい、スタッフの人数や会場の規模が適切で無いという状況が起きるそうです。
その葬儀屋の友人はこの二つが注意すべき点だと言っていました。
香典泥棒なんて本当にいるんですかねぇ?自分は見たことも聞いたこともありませんが・・・。
まぁ自分は大規模葬なんて行うことはまず無いので無駄な知識を付けてしまった感じですが、この記事が大規模葬を行うような方に見て頂けたら幸いです。
葬儀全般のトラブル回避術なら葬儀・葬式のトラブル回避NAVIを参考にしてみて下さい。